ロシアンブルーアンバーのブレス(虫入り)

0

     

    ちょろっと写ってますが、、、ワンポイントの大きな珠の部分に、虫が入っております。

    2点ありまして、1点は蟻のような虫、もう1点は羽虫が入っています。

    琥珀としては価値がかなり上がる点ではあるのですが、今回のクリスタルフェア、お客様のうち「石に詳しい人」の割合は1割にも満たず、

     

    「ここに虫がはい・・・「ぁああ( ´›ω‹`)」

     

    とかぶせて反応されてしまうような感じでした(笑)

    植物界に親しく生きているくにこ先生は、「虫あっての植物界、虫がいないと実もつかない」ということで、ウェルカムなんだよねーと仰っていましたが。。。

    土に還るまですごく時間がかかってかわいそう、という意見や、むしろ琥珀と一緒に化石となるなんて光栄至極とか、皆様それぞれ、いろいろです。

    ちょっと思うのは、入っている虫の種類によってエネルギーは変わるだろうな・・・という言い方はずるいか、受ける印象が変わるなと思います。

     

    ロシアンブルーアンバーは、日本でも世界でも認知度が低いようです。

    「ロシアンブルーアンバーは絶滅針葉樹の樹液の化石」と聞いてうっとりしましたが、他にも針葉樹の琥珀はあります。
    (ドミニカのアンバーは広葉樹のようです。絶滅種という説と、現存しているという説があります・・・)
    バルト海は昔、松の森林地帯で、名前の「バルト」もドイツ語の「緑」からきています。
     
    ロシアンブルーアンバー、東欧州ブルーアンバー、バルティックブルーアンバーという名前で呼ばれる、バルト海近隣で採れる青く光るアンバー。この琥珀はポーランド産と聞いていますが、ロシアンブルーアンバーの呼称を採用させていただきました。
    黄色の薄い部分のほうが青光りが強いです。
     
    ひとつだけ持っているドミニカ産のペンダントと比較しましたが、どちらも太陽光にあてるだけでは青い光は見づらく、黒地に乗せて太陽光にあてると蛍光しているのがわかります。白地+日光の写真も撮りましたので、ご覧いただけると思います。
    「そういうものなのか・・・」とドミニカ産を手にした時に思ったことを、思い出しました。
     
    ただいまこのロシアンブルーアンバー2本をアップ準備しています。
    早くて明日アップになるかと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます!

    クリスタルフェア for 2018、開催終了いたしました。

    0

       

      先週の土曜・日曜に展示販売会を開催いたしました。

      サポートくださいましたくにこ先生沙夜先生加勢先生、そしてご来場いただきました皆様にもたくさんのお心遣いをいただきましたお陰で、無事開催・終了できましたことを本当に感謝しております。

      ありがとうございました。

       

      「来年のパートナーとなる石を」ということでご紹介しております。

      毎年ご参加いただきます方から、「この一年はこの石と、こんな感じでした」とご報告をいただきます。とても嬉しいです。石たちもすごくがんばってくれているようです。私もパートナー石を新たに迎えようかしらという気持ちになりました。

      一年経って、ずっと身に着けていましたと仰る石たちが、持ち主との時間の中で、より精錬された表情に変わっているのも見せていただけました。そのようなご縁を結ぶことができるのは、幸せなことです。

      加勢先生が言っていましたが、石は人のエネルギーと交流して、より元気になるそうです。私もそう思います。人と石のエネルギーが響きあって、かけがえない瞬間を共有していただけることに、とても嬉しく思っております。

       

      今回は商品を売るだけでなく、ペンジュラム講座やルノルマンカードの儀式発明などの一場面もありました。こちらが勉強させていただくこともたくさんあります。

       

      そして、毎年いろいろと反省し、また次回に反映を・・・と思うのですが、今年もさっそく改善点を話し合っております。

      販売会に来て下さる方のほとんどが、とりわけパワーストーン・マニアというわけではなく、当方のセレクトを信じて購入していただいております。そのため、購入された方のほとんどが「買った石の名前がわからない」いう状況なのです。来年は名前をつけて販売できるように準備しようと思います、気が回らず、すみません。。。

       

      さて、

      現在、ショップサイトの在庫も反映が完了いたしております。

      そしてご都合が合わなかった方、遠方の方からも、こつこつとアップしていた発表商品についてのお問い合わせをいただいておりますので、なるべく早くオンラインショップにアップできるようにがんばります。
      第一弾はレムリアンシードの指輪の予定です。
      ワイオリとしては大きなイベントが終了して、今年も残すところあとわずか。
      もう少し走ります、どうぞよろしくお願いいたします。
       
      ★写真はすべて沙夜さんからいただきました。ありがとうございます!

      クリスタルフェア for 2018 のサポーターをご紹介

      0
         

        サポーター・・・というのもおこがましい、通常はメインで立っていらっしゃる方々に、今回もサポートをお願いしております。

         

        9日(土)はSeed of Life - Natural Life Support Salonのくにこさん。植物と石のスペシャリスト、星やその他スピリチュアルな事柄に幅広く精通されており、販売に関わった時間も長く、講師もされています。今でも常に学びを深めている姿勢は、素晴らしいですよ。すべてについて知らないことは無さそうなのですが、石についてもよくご存じですから質問に答えてくださいますよ〜。
         
        10日(日)はルノルマンカードの先生、ステラ・ミスティカ 沙夜あやこさんにサポートいただきます。
        昨年もルノルマンカードのメッセージで昨年も石の選択に多大なる助力をいただきました。Sayaさんの懐の深い、否定のない世界観がすごいのですが、その魅力にクリスタルの会で触れてルノルマンを習いに行かれた方もたくさんいらっしゃいます。
         
        お二人とも、内なる声に正面から向き合って、自分で生きてきた人が纏っている、力強い自由さとアートな人生を感じる人です。
        ご縁ができると素敵と思う方々です、ぜひお声をかけてみてください。
        大先輩方に助けていただき、今年も楽しく深く、石をご紹介できればと思っております!
        どうぞよろしくお願い申し上げます。
         
        ★画像は展示会でクリスタルをお買い上げの方にお渡ししております「おまけギフト」です。
        今年は美味しいと評判の黒い塩、お風呂に入れるとお湯がまろやかになる薬石、新月のエネルギーの浄化用スプレー、あともう一点パキスタンの小さな水晶粒を用意しています。
        意図したわけではないのですが、パキスタンのものが集まりがち、好みに合うのかしら・・・行ってみたほうがいいのかもしれません。
         

         


        クリスタルフェアで紹介予定の石たち(2)

        0

           

          「フェア紹介石:指輪編」です。

           

           

           

          レムリアンシードのリッジを残したリングたち。

          レムリアンシードといえば古代の叡智が刻まれてたり、レムリア人が石に転生していると言われている水晶です。そうと見せかけて実はアトランティスのものだよ!という噂も聞いたことがあります。

          私はどちらもあまり区別がつかず、「まったまた〜」と思ってたんですが(笑)、私が石の勉強をし始めた頃に広まった石なので、食べるほどに(本当、良い子も良い子でなくても絶対真似してはいけません)よくよく一緒に過ごした石のひとつです。ここに始まっている感じはあります。

          この石については加勢先生が言っていたイメージがぴったりなのですが、

           

          「遙か古い時代って、人も生物もそれ程繁栄してなくて、少ない。そうすると、自然の中に不純物が少ない。そういう時代の水晶は、やっぱり不純物が少ない。」

           

          という話をされていました。

          あまりの不純物のなさに私は「今の時代のプラスチックのようだ」と逆に思ったことがあり、それはそれで「古代レムリア人がツールとして使っていた」ならばぴったりなのでは、とも思いました。

           

          ・・・という夢のあるようなないような話ですが、それ程迄に個性が薄い。なのに運命が濃い。(ような気がする)

          レムリアンは水晶が人を選ぶ、といわれています。ヒマラヤ水晶もそんなところがあると思いますが、この石の選び方は運命的な感じがします。(ヒマラヤは好みで人を選びそう)

          だから一生大切にする相手を選ぶ感じで、選んで欲しいですーーー(私個人のエゴ)。

           

          ブリリアントカットの水晶もご用意しました。こちらはレムリアンではなく、ブラジル産水晶です。

          去年も見つけてご紹介したのですが、今年はこれひとつだけ見つけました。

          中を覗くと蓮の花が開いたような光の反射が美しい指輪です。

          下のフラーレンカットブレスレットも、スモーキーともに販売いたします。

          これ、、、薄暗いお店とかでものすごーく輝いて、美しいです。

           

           

          水晶 in 水晶の指輪。

          小さい水晶と媒体となる水晶の境目が虹になっています。

          中に入っている水晶の入り方も美しい。

          インナーチャイルドを癒やすと言われていますが、これは・・・全然押しのけられてなくて主役です(笑)

          こうなりたい、というお手本としてもいいかもですね。

          「自分の中に神聖な山、虹の世界を持つ」とか。

           

          こちらは前のブログでもご紹介したパキスタンの両剣水晶のリングなのですが、オイルが動きます。

          肉眼で見るのは年齢的にツライのですが、拡大レンズで撮影したのがこちらです。

           

           

          水晶だけでこんなにも(笑)

          水晶以外もありますよ〜。

           

           

          サファイアのブレスレットとリングです。

          ワイルドな大珠に、バイカラーがよくわかるリングです。

          さすがにブレスレットは重いんですが、とってもおしゃれだーーー!!

           

           

          そしてこちらも久しぶりのオンマニペニフム指輪。

           

          コンクシェルチベットの観音様を称える真言「オンマニペニフム」が刻まれています。

          一番右ものは天珠の指輪です、昨年に仕入れたもので、とってもとってもとっても素敵なのです。天珠がくるくる回ります。

          わぁーこれらの指輪でコーディネートして写真撮りたい!!!!

           

          オンマニペニフムとインラケチは、好きなお言葉です。

           

           

           

           

          まだ入場可能な枠がございます。ぜひ展示会へお越しください!

           ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

           


          クリスタルフェアで紹介予定の石たち(1)

          0

             

            今週末、年に一度の展示販売会を開催いたします。

             

            このアフガナイトのブレスレット、一番大珠のものは売り切れておりますが、他の2本は販売いたします。

             

            いつもその時その時、気になるもの・作りたいものがあり、わんさか作って発表しています、昨年は惑星をモチーフにしたブレスレットでした。

             

            今年も作りたいものは作ったのですが、これまでにリクエストの多かったものを探したり、純粋に石そのものに「これは!」とピンときたものが集まっています。皆様のご縁と運でたぐりよせたもの、というような感じがします。

            珍しいところでは、ロシアンブルーアンバーのブレスレット。

             

             

             

            ペンダントヘッドは比較参考のためのドミニカ産のものです(私物です、すみません)。

            東欧で採れるブルーアンバーは、東欧州ブルーアンバー、ロシアンブルーアンバーという名前で呼ばれるそうです。

            認知度かめちゃくちゃ低いものだそうですが、疑ぐってしまう私としては1珠抜いてエタノールで拭いてみました。変化はありませんでしたから、コパルでもなさそうで安心しました。

             

            太陽光で青く光る・・・んん?光らない!と思ったら、黒地に乗せないと写真ではわかりづらいんですね。

            これはドミニカ産も変わりありませんでした。

            白に近いベースの上だと、なんとなく表面に膜がはったような光に見えます。

            展示会では紫外線ライトでご覧いただけるようにいたします。

             

            琥珀はあったかいですね。

            石と木のものの間という感じでもなくて別物ではありますが、軽さ、あたたかさ、やわらかいしっとり感など、着けていて非常にラクです。

             

            そして、ひときわ輝きが強いなぁと思って仕入れた、パキスタン両剣水晶のブレスレット。

            「ハーキマー」という名前で売られていましたが、ハーキマーはニューヨーク州産のものの名前ですので、説明が必要ですが両剣水晶ということで案内しています。

            1本だけ仕入れて帰ったら、加勢先生が「これはいいね〜!もうないの?」との反応で、やっぱりいいんだ、と追加仕入れを行いました。

            水晶の光が強いんです。黒いタールって「不純物か〜」と思ってしまっていましたが、なんとなく、これが強さの素でもあるのでは・・・という感じもします。

            中には、オイルが動きまくるブレスもございます。いやーーー手元に置いておきたい。。。
             

            ラリマータイプのアパタイトです。

            石を持ち込んでビーズを作られた方から仕入れています、この色みのものが今後も出るかどうかは、原石との出会い次第となるような出自のブレスです。

            ちょっと鮮やかすぎるだろう!と思うような色のブレスレットなのですが、男女ともに反響が多くて、もっと仕入れても良かったなぁーもう無いんだよなぁーという石です。

            太平洋の真ん中の、大自然の海の濃く深く明るい海のようです。

             

             

            また、自分的には今、ラブラド族に焦点が当たっています。

            というよりも、前々から好きなんですが良いものが多いんです。

            インドから新しく原石が出て、それが研磨されて回ってきているという噂も聞きました。旬ですね。

            よくある石ではありますがこういったタイミングも珍しいので、今のうちに美しいものを押さえたい。

             

            上の画像はレインボームーンストーン(ホワイトラブラドライト)の指輪です。

            イエローやピンクの光を持った、滴型のレインボームーンです。

            (やっぱり虹色が好きですね)

             

            絶対生きてる、スカル・ペンダントヘッド。

            実際に会っていただきたい。本当にしゃべりそう。人格がある感が半端ない。

            だから残ってたのかなぁー。。。いや、それなりにコワイんですけど、それよりも存在がすごくて。

            ハード系ファッションの男性しか無理って思いそうじゃないですか。

            それはファッションとして着けたいと思ってるからなんですが、これはそんな「身に付け方」は後にして、とにかく会話して欲しい石。考えようによっては「ポータブルスカル」です。ずっと身につけられる相棒石です。

            彫った人が良かったんだと思います。青い光もすごい。

             

            レインボームーンストーン(ホワイトラブラド)のブレスレット。

            「夢か!」ってツッコミを入れたくなる美しさ。ずっと憧れの石です。

             

            先日ラブラドライトのブレスレットをサイトにアップしましたが、そちらも実物をご覧いただけます。

            クリア感がすばらしいラブラドたちの中でも、際だって美しいものを仕入れています。

             

             

            その他、最後の最後のラサ産赤瑪瑙を1本だけ仕入れました。

            もう色が明るめになってきておりますが、ラサ産の風格はあります。この石、じわじわ値段が下がってない?と思われるかもしれませんが、色みが値段にがっつり反映する石なのです。1本ずつ値段がつけられているような少なさなんですね。

             

            長くなりますので、続きを別記事にします〜☆

             

             

             

             


            ラブラドライト・ブレスレット

            0

               

              ラブラドライトのブレスレットのアップ準備をしています。

              太陽光の入るところで見ていると、透過性が良すぎてびっくりしました。

              石の品質がクリアなもので揃っていて、よくこの金額で仕入れられたものだと思っています。

              ラブラドレッセンスもどの珠にも出ますし、、、素晴らしい品質です。

               

              本当にこんなにきれいのかと、蛍光灯下で粗雑に撮影してみたりもしました。

              それでもやっぱりほんのりと美の片鱗が見られるので(魅力はかなり減ったように見える写真でしたが)、すごいなと思います。。。

               

              ラブラドライトについて、ひとつ勘違いをしておりました。

              自分が過去に書いた文章の中に「シリウスと関係がある」と書いているのを見て、「えっ、プレアデスじゃなかったっけ」と思ってしまいました。それは「モルダヴァイト」でしたね・・・どうしてそんな思い違いをしていたのか、いつの間にそんなふうにラブラドをちまちまと手元に追加してゆきながらも遠ざけていたのかと、あるまじき感覚に反省です。

               

              といいますのも、あまりこういう話をするとスピリチュアル・テンプレートな感じがして「どうせ決まった印象にしか残らない」という気がしていやなのですが、シリウスにはずっと心の支えになってもらっていたからです。

               

              小さい頃から学校に馴染めたり馴染めなかったりが激しく、子供時代というのは過ごすのが難しいと思っていました。(だからといって今、大人になれているかといえば微妙ですけど)

              どうしても孤独を感じてしまう時に「私にはあの星があるからいいんだもんねっ」と思っていた星の画像が心の中にあって、真っ暗な中にびしっとクロスのように光る青白い星なんですが、何かあるとそれを思うことで「大丈夫、大丈夫」と言い聞かせていました。

               

              「シリウス」と画像検索すると大体そんな画像が出てきますので、そうなのかな、と思った次第です。

              スピリチュアル系でよく話題になる星ではありますが、謳われる特徴などはあまりよく知りませんし、さほど興味が湧かないので、もしかすると違う星かもしれません。

               

              これは20代まで続き、一番最後に星を頼りに思い出したのは原宿でカフェを開いていた頃、キャットストリート上でのことでした。なぜ、何があったのかは覚えていませんが、通りをまっすぐ見上げてその先に、次元を違えてあの星が輝いているような気がして「大丈夫」と自分を奮い立たせていました。

               

              ・・・最近はこういうこと、ないですね(笑)。

              あんなに心の支えにしていた星と縁があるんじゃないかという石なのに、すっかり思い違いしていて反省です。お世話になったのに申し訳ない、という気持ちです。

               

              青いラブラドレッセンスのものの方が、私の思う「シリウス」のイメージなのですが、私は黄色やピンクが入っているものが好きで、そういったものを集めています。

              地表にいるので、それを楽しみたいのかもしれません。

               
               
               

              「人が色。色の数が人の種類の多さ。いろんな色の輝きはそれだけ多くの人とのコミュニケーションや経験を表す」

               

              「宇宙の先、銀河の色は鮮烈な青」
              (加勢先生において言葉では、宇宙の外側が銀河という定義、ラピスの青らしいですよ)
               
              「青は精神・思考の色」
               
              ということを加勢先生が言っていたので、地上には色が溢れていて、宇宙へとのぼればのぼる程、色は青に集約されていくような、そんなイメージが私の中にできあがっています。
              上が上なら下もそうで、海に潜れば最後は青だけになりますから(ダイビング中に指を切ったら血が青緑でした)、地上・地表というのは本当に希有な面白い層なのかもしれません。
               
              それこそ地表の膜は、七色でキラキラなのではないかなぁ。
              そんなことを考えさせてくれる、ラブラドライトです。
              このブレスが透過性が高いので、こういったことの連想がつながったんでしょうね。
              クリアなものは個性を失って合一性への方向、一緒に過ごすと色々と普遍性へと透過してくれるのかもしれません。

              | 1/73PAGES | >>

              current moon

              calendar

              S M T W T F S
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              31      
              << December 2017 >>

              selected entries

              categories

              archives

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode